使わないものはどうすればいいか
ギターを肩にかける

エレキギターを趣味で楽しんでいる方はたくさんいると思いますが、やっている経歴が長くなってくると所持している本数も多くなってくると思います。
また多く本数を所持している事で、あまり弾かなくなってしまったものがあると思います。
本数を多く所持している事をステータスと感じている場合はいいのですが、そうでない場合は弾いてあげないものすごいもったいないです。
いらない場合は買取サービスを利用して買い取ってもらう事で、他の方に譲るという事もできます。
エレキギターを買い取ってもらう方法は今ではたくさんあります。
大きく分類するとリサイクルショップ、楽器店の店頭や宅配サービスで買い取ってもらう宅配買取サービスがあります。

査定は多くのお店で

エレキギターを買い取ってもらうのであれば当然ですが、安い金額よりも少しでも高い金額で買い取ってもらいたいと思うのが当然の事だと思います。
お店を選ぶ基準としてはまずお店に持っていき、買い取ってほしいエレキギターを査定してもらいどの位の金額になるのか確認するといいです。
いくつかのお店に持っていき査定をしてもらう事で、大体の買取相場もわかりますし一番良い金額のお店を選択して買い取ってもらう事ができます。
またお店を査定だけで利用するのが嫌な場合は、電話などで買い取ってほしいモデルを伝える事でおおよその価格を教えてもらえるお店もあるので、電話で見積もりを出してもらう方法もあります。
楽器の買取はお店によって買い取ってもらえる金額が違うので、少しでも多くのお店に査定をしてもらうといいです。

オススメリンク

演奏

売却前メンテナンスで価格アップ

楽器をする人間にとって機材の購入やメンテナンスにかかる費用は頭を抱える問題の一つであり高価なものが多いためローンを利用することも多い。
自分はギターやベースを複数所持していたがやはり楽器…Read more

ライブ

1つのお店では決めない

エレキギターの買取サービスを利用する時に気を付けてほしいのが、1つのお店で買取を決めてしまうのではなく、いくつかのお店に査定をしてもらい利用するお店を決めた方がいいです。
これはお店によ…Read more

関連リンク

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031